防水工事は意外と大変!~耐久年数が切れると住宅が泣く~

防水塗料の耐久年数が切れてしまうと…

男性

屋上には防水塗料が塗られています。しかし、その防水塗料の効果は永久的に持続するわけではありません。耐久年数が切れるとどうなるかも確認しましょう。

防水工事の塗料が切れてしまうと起こる被害

防水工事の際に使用した塗料の耐久年数が切れるとどうなりますか?
防水塗料の耐久年数を超えると、屋上が劣化したり、雨水が溜まったりします。雨水が屋上に溜まると雨漏りを引き起こしてしまいます。雨漏りは、時間をかけて家の中に侵入していき、住宅の耐久性を失ってしまいます。このような二次災害を引き起こさないためにも定期胃的に屋上の状態をチェックする必要があります。また、耐久年数切れた場合には防水工事を施さなくてはいけません。屋上の劣化や雨漏りを引き起こす前に早めに業者に防水工事を依頼しましょう。

屋上の劣化を防ぐためには防水工事

屋上の防水工事を施さないと、雨水が住宅に侵入し建物の劣化が早く進んでしまいます。防水加工をきちんと行えば、雨水が住宅へ侵入するのを防ぎ住宅強度を保つことが出来ます。そのため、良い状態を長く維持することが出来ます。防水加工の種類はいくつかあり、屋上の形状や環境によって変わります。適切な施工方法を行い長期的に住宅の劣化を防ぎましょう。

防水工事は専門家に依頼する

作業員

防水工事は複雑な作業が多いので、業者に依頼しましょう。素人が作業を行うと、道具が揃っていても綺麗に屋上の防水をすることは難しいでしょう。ここでは、シート防水を使用した防水工事でどのような作業を行うのか紹介します。

シート防水の防水工事の流れ

現地調査と屋上の洗浄

まずは屋上の状況を確認します。ほとんどの場合、屋上はほこりやコケなどが付いていて汚れています。汚れたままの屋上に防水工事を行っても効果がありません。そのため、まずは屋上を綺麗にすることから始めます。高圧洗浄機を使用してほこりやコケなどを綺麗に取り除きます。水を使用して掃除するため、人や建物に影響はありません。

下地を作る

掃除をした後は、下地を整えます。下地の状態が悪いと、防水工事を行っても効果が半減してしまいます。そのため作業としては、下地がダメになっている部分を取り除き、取り除いた部分はきちんと作り直します。下地を直した後は、さらにストレートの下地を敷きます。このストレートの下地は、防災対策のための下地となっています。

シート防水を行う

下地を直した後はシート防水を行います。その際、シートのつなぎ目部分は何度も確認し、確実につなぎ合わせます。なぜ何度も確認するかというと、つなぎ目をきちんと合わせないと漏水の原因となるからです。最後に色を合わせて塗装を行い、金物処理を行います。塗装の色は要望に応得てくれるので、好きな色を伝えて綺麗に塗装してもらいましょう。

防水工事は専門家でないと難しい

防水工事はただ上からシートを張り直すだけではなく、掃除をして下地を張り直してと大変な作業がたくさんあります。また、シートを張る作業でもつなぎ合わせる作業が半端では漏水してしまうため、素人が行うのは難しいでしょう。耐久年数もあるので、定期的に防水工事を行うのであれば業者に依頼することで完璧な防水工事をすることが出来ます。

TOPボタン