防水工事後に起こり得る劣化原因〜耐久年数が短いのはなぜ〜

耐久年数を縮める原因

防水塗料には耐久年数がありますが、これは様々な原因によって劣化してしまい、屋上が傷ついてしまいます。ここではその原因を説明します。

目で見て判断出来る劣化

屋上などでひび割れを見かけたことがある人もいるでしょう。これはクラックというもので、コンクリートが季節の温度や湿度の変化によって、体積が変化するために起こる現象と言われています。コンクリートの体積が大きく変化するとクラックが大きくなります。

屋上にクラックというひび割れが発生します (防水工事業者)

手で触れた時に、白いものが手に付くことがありますが、これは塗装表面が劣化した初期段階です。紫外線や温度、雨などにさらされることによって塗装の保護機能が失われてしまい、樹脂や顔料が劣化する現象です。

防水塗料が白くなることがあります (防水工事業者)

コンクリートにひび割れが生じて鉄筋に雨水がたどり着いた場合、鉄筋が錆びて体積が大きくなります。鉄筋の体積が大きくなると、コンクリートは徐々に押し出されて膨らんできます。酷い場合は鉄筋が向きだしになります。

TOPボタン